うつ病なら入院の相談をしよう【通院の情報を聞ける】

症状改善の為の環境が大切

男の人

もしうつ病を発症してしまった場合、治療に専念出来る環境がない場合は入院による治療が行われます。きちんと治療をすることで少しでも早く症状を改善させることが出来るので、症状を長引かせない為にもしっかり治療を受けましょう。

Read More

家族の役割

カウンセリング

うつ病により入院治療が必要と判断されると場合によっては家族との面会も制限して、精神的にも身体的にもゆっくり休めるようにします。家族は医師や看護師に相談しながらその都度対応していくことが大事になります。

Read More

泊まるからこそ可能な治療

ドクター

重度の症状や外来では回復が見込めない場合、うつ病でも入院して治療を受けられますが、その基本は毎日を穏やかに過ごすことです。入院すればうつ病の発症原因から距離を置けるため、ストレスのない環境で投薬療法などと合わせ、効果的な改善が目指せます。

Read More

安静にすることができるか

ハート

うつ病を発症すれば通院して治療していくのが主な方法となっていますが、症状や家庭内の環境によっては入院が必要になる患者もいます。うつ病を治すために必要なことが安静にさせることができるかどうかになっています。

Read More

心の病を病院で治す

ウーマン

通院では治らない人の治療

うつ病の治療は通院と投薬が基本です。しかし、入院がによる治療が行われる事もあります。まずは患者が希望する時です。この場合、一人暮らしや体の調子が悪く適切な投薬や日常生活がままならないケースが多いです。しかし、いくら本人の希望であっても医師が患者の病状や生活状況から通院治療では回復しないと判断した時のみ可能となります。次は強制入院です。これは本人の意思とは関係なく家族や医師の判断で強制的に患者を病棟へ入れます。このケースは自殺未遂や錯乱して家族を攻撃した等、自分や他人に危害を加えようとした時が多いです。また、うつ病患者は重症になると適切な認識力や判断力を失ってしまいます。そうなれば自分の言動が普通とは違う事や自分が入院治療が必要な事、中には自分が病気だという事にも気づけなくなっている時もあります。そのような場合も強制入院の対象となります。最後は医師の勧めです。医師が日々の治療から通院では限界があるとした際、入院を勧めます。うつ病での入院は病棟を完備した精神科病院に限られます。その為、最寄りの心療内科に通院している人はそこで紹介状を貰って病院へ行きます。その際は一般と同様に洗面用具や下着、箸やコップといった日用品が必要です。しかし、安全上の理由でカミソリやハサミ等は持ち込めません。精神科病棟は大きく分けて閉鎖病棟と一般病棟に分けられます。閉鎖病棟は自殺の危険がある人や重症患者が利用します。部屋の中にはトイレもあり、患者はその部屋を一人で使い医師の許可が無い限り勝手に部屋を出る事はできません。また、閉鎖病棟では自殺や事故の防止の為に医師と看護師が24時間体制で監視し患者が持ってきた物も詰所で保管します。面会は可能ですが談話室へ移動する等はできません。一方、一般病棟は閉鎖病棟に比べて軽度の病状の患者や回復してきた閉鎖病棟の患者が移って来ます。こちらは一般の入院とほぼ変わらず他の患者と食事をしたりテレビを見たりする事も可能です。お菓子やジュース等の嗜好品も比較的自由に食べられます。また、週に数回ですが入浴も可能です。しかし、薬の時間には全ての薬をしっかり飲んだかを看護時が確認します。日本の場合、長期入院は3か月が限界なので3か月を過ぎると一度退院します。その後通院治療に切り替える人や必要なら再入院する人もいます。一方、自殺未遂等で体の治療が必要な人は他の科に入院し平行してうつ病の治療を行うケースもあります。いずれにせよ退院の期限が迫ると患者と家族は医師や看護師、社会福祉士等が面談を行いこれからどうするかを話し合います。その際はそれぞれが良く話し合ってこれまでの治療が無駄にならない決断をして下さい。

Top