うつ病なら入院の相談をしよう【通院の情報を聞ける】

安静にすることができるか

ハート

症状と状況で判断

うつ病にかかって治療する場合は、多くは通院しながら治していきます。しかしその症状や状況によっては、入院が要されることもあります。いったいどのようなことで入院することになるのかといいますと、まず症状では、自殺する可能性が高いこと、うつ病によって食事を取ることができず衰弱していることなどです。そして状況では、治すことができる環境が家庭内で整っていないことがあげられます。自殺する可能性が高い症状では、常にそのことを考えていたりその行為を何度もしたりしてしまっていることから、最悪のケースにならないよう症状を病院で治していくことにあります。食事が取れないでいる症状が、うつ病の影響から食欲が低下して食事を取ることができない場合があります。病気になっていなくてもショックな出来事や気落ちする出来事に遭遇してしまった場合、食事がのどを通らなくなる人がいますが、病気となれば常にそのような状態となっています。しかし食事をとることは身体の健康を維持する栄養素を摂取することができ、それをしなくなればどんどん体が弱っていくうえに病気も治りにくくなるため入院が要されることもあります。うつ病を治すための環境が家庭内で整っていない状況とはどのようなものかといいますと、家の中で安静にすることができるかどうかにかかってきます。うつ病を発症する人の中には、家庭環境の影響からかかってしまう人もいます。夫婦仲や親子の仲が悪かったり、常に家族が「仕事どうするのか」「学業どうするのか」などのようなプレッシャーを与えたりする環境であるなども原因になります。治すどころか悪化させしまう影響を与えるのではと判断すれば、入院させることもあります。うつ病で入院するのはあまりないことなのではないかという人もいますが、気分障害で入院される患者数は年間2万かえあ3万人ほどいるといわれています。うつ病で一番必要とされる方法は、安静でいることです。ストレスやショックを受けることから心が疲れてしまったり壊れかけていたりする状態となっているので、その心のバランスをとることができる環境でいるのが一番良い方法となります。一番安静で過ごすことができるところは自宅といわれていますが、必ずしも、家のなかが安静でいられるところだと限らない場合もあります。安静にさせることができずに治療を行っても、長引いてなかなか完治できず、社会復帰も遠のいてしまう可能性があります。病気は誰もが完治させたいものだからこそ、入院が必要だと医師が診断すれば入院して治療することもあります。

Top